付属品はしっかり揃えて査定に出そう!

マイナス査定をされたくないなら付属品を揃える

時計やバッグなど、いろいろなブランド品がありますが、大抵の場合は本体さえあれば買い取りしてくれます。しかし、金額をアップしたいと考えるのなら、ブランド品を購入したときに付いてきた、さまざまなアイテムも一緒に査定にだしましょう。付属品をすべて揃えて、購入したときの状態で持って行ければ、マイナス査定をされることなく、上限の金額で買い取ってもらえます。例えば、バッグなら、箱やカバーなどが付属品にあたります。時計なら、替えのベルトやコマ(金属ベルトの長さを調節するパーツ)などが付属品です。そして、ブランド品を購入したときに保証書が付いてきたのなら、そちらも付属品なので、一緒に査定にだしたほうが金額がアップするでしょう。

分からないのならすべて持っていく

ブランド品にはいろいろな種類があって、さまざまな付属品が付いてきます。実用的ではない細々としたアイテムもあるため、どれを査定に持っていけばよいのか分からない方もいるはずです。もしも、何を持っていけばよいのか分からないのなら、全部査定にだしてしまっても構いません。余計なものを持っていくと、スタッフには邪魔になるかもしれませんが、それで査定額が下げられることはないので安心しましょう。ブランド品の付属品だけを持っていても、あまり意味はないでしょうから、損をしたくないのなら全部渡してしまうことをおすすめします。考えていたような査定額でなければ、売るのをやめればよいだけなので、気軽に買い取りサービスを使いましょう。

金買取については同じ金製品でも日によって査定額が変わります。これは金の相場が常に変動しているためです。高く売って得をするにはこまめに相場をチェックしたうえで、迅速に行動することが重要になります。